最悪な日【5】

前回のお話はこちら↓

最悪な日【4】

最悪な日【5】

出発できたのはいいけれど

正直、自転車にさえ乗せてしまえば
勝手におさまると思ってたんです。

今までも癇癪を起こしたときは
自転車に乗って気分が変われば
イヤイヤもおさまっていたし…。

ところが今回だけは
めちゃくちゃ機嫌が悪い。
全くおさまる気がしない。
むしろ加速。

自転車からおろせと言うけれど
おろしたらおろしたで泣き喚くし
乗せたらもっと泣き叫ぶし

もうほんとお手上げ状態。

とりあえず行けるところまで行こうと
早足で急ぐ私。。

でも周りの目をひしひしと感じるんです。

初めは下を向いていた私

明らかにいろんな人からの視線を感じていたので
気まずくてずっと下を向いていたんですが
急に
「あれ?」
って思ったんです。
うまく言えないんですけど、
嫌な視線じゃないなって思って。

顔をあげてみると
みんな優しい目、してるんです。
見守ってくれているような。

「がんばれ」「負けるな」って
応援されているような気持ちになって
本当にそれだけで救われました。

✳︎

続きます。

153+